夫婦はいつからすれ違うのか

投稿者: | 2017年11月9日

夫婦はいつからすれ違うのか

あなたは結婚生活に満足していますか。セツクスについても、心地よい夫婦関係を築けていますか。

そして、あなたの妻(夫)は、結婚生活やセツクスに満足していると思いますか。 ふたりがともに、愛しあつている、いたわりあつている、幸せな夫婦生活だ、と思っているでしようか。

これらの質問にためらいなく「もちろん!」と答えられないあなたは、ちよつと現在

の心境や状況を振り返つてみましよう。

•「おはよう」 「おやすみ」「ありがとう」などのあいさつは照れくさい。

•妻(夫)にマツサージをしてもらうよりマツサージチェアのほうが気楽だ。

•妻が髮型を変えたことに、言われるまで気づかない(夫が気づいてくれない)。

•妻(夫)とは話題が合わないので会話がつまらない。

•ふたりで出かけることはほとんどない。

もし、ひとつでもあなたに思い当たる節があれば、夫婦のですれ遠いが起こっているかもしれません。

「でもうちは、あいさつはしないけど、セックスはちやんとしているから大丈夫」と思う人がいたら、そんなあなたこそ要注意です。

私たちが属するセクシュアリティ研究会が2000年に、パートナーのいる40〜70代の男女1000人以上を対象に行った調査では、「気乘りのしない性交渉に応じることがあるか」という質問に対して、40代女性の3割以上、50代女性の4割以上が「よくある」「ときどきある」と答えています。それに対して與性は40代、50代とも「よくある」「ときどきある」と答えたのは1割程度です。つまり、夫のほうが「お互いに 求めあってセックスしている」と思っていても、妻のほうは「しぶしぶ」という状況があるということてす。

特別な事情がない限り、結婚当時はお互いに求めあって結婚したはずです。なのに、いつのまにか心も体も離れてしまった。そんな思いを抱く人も多いのではないでしょう か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です