ポデイタツチに縁遠い日本人

投稿者: | 2017年11月21日

ポデイタツチに縁遠い日本人

日本には、握手、ハグする、頰を寄せあぅなど、日常生活でさりげなくボディタッチをするといぅ文化はありません。同性でも異性でも、また親子でも、あいさつがわりにキスをする光景もほとんど見られません。これは世代や生まれ育った家庭環境にもよるかもしれないけれど、そもそも相手の体に触る習慣が少ないわけだから、肌をふれあわせることの心地よさを感じる機会も少ない。ボディタッチが少なくなるのは当然かもしれません。

もちろん、相手にふれずに会釈をしたりおじぎをしたりというのは日本特有の奥ゆかしさであり、素晴らしい文化です。まなざしでの心の交流にも、非常に奥深いものを感 じます。

それでも私は長年の臨床経験から、恋人同士や夫婦に限らず、愛情を持って相手にふれることで、お互いに精神的な安らぎを得ることができ、毎日を豊かな人生へと導くことができると実感しています。肌と肌とのふれあいは、言葉以上の思いを伝えるとても大切な行為だと確信しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です