すれ違いの積み重ね

投稿者: | 2017年11月9日

すれ違いの積み重ね

すれ違いは、実は結婚したそのときから始まっていたのかもしれない。男女は、恋人から夫婦になると緊張感がなくなり、お互いに相手を思いやる努力をしなくなります。あなたも結婚を決意したときには、愛する人とともに過ごすのだから、相手がどぅ思っているかをちゃんと考えながら暮らしていこぅと思っていたはずです。しかし、ときが 経ち、法律に守られてふたりがいつでも一緒にいられるとなると甘えも出て、気をつかう必要もないと思ったり、かえってつらく当たったりすることもあるでしょぅ。釣った魚にえさはやらない、といぅのは背からあったのでしょぅが、最近の極端な例をあげると、「婚前交渉はちゃんとあったのに結婚してからは性交渉が全くない」といぅ女性からの 相談もあるくらいです。

それまで他人だった人と一絡に暮らすわけだから、みそ汁の味、タオルの使い方やドアの締め方など、これまで全く気にならなかった細かな習惯や好みの違いも気になり始める。そうしたことの租み蜇ねで、気持ちはどんどんすれ違っていきます。すれ違えばすれ違うほど、妻や夫を異性として見られなくなる。

生活のなかでは、毎日ときめいてもいられません。そのうちにだんだんと、夫婦でのセツクスは子どもを作るため、もしくは夫婦の義務になつてくる。そうするとセツクスが楽しいものではなくなつてしまうのも無理はないのです。

仮に「とにかく稼いできてくれればいい。子供も2人生まれたからセツクスはもういいわ」と割り切つている妻がいたとしても、夫も同じょうに考えているとは限りません。その場合にはお互いの気持ちのズレを埋めていかなくてはならないのですが、そのため には、なぜ麥がそう思うょうになつたかを考えなくてはならない。もしかするとその女性はこれまで何かしら我慢をしたり、夫に合わせたりしながら義務感でセツクスをしてきたのかもしれません。

そうしたことに思いをいたさないで暮らしているうちに、「いつのまにか」家庭が行き詰まつてくる。気がついたときには、お互いの気持ちのズレは相当に深くなつてしまつています。

JHI以かな性生活を送るには、体だけでなく、心の而でも、また社会的にも幸福であることが必要です。つまり、パートナーとの性生活を考えるということは、身体的にも稍神的にも^かな閲係とは何かを考えるということにほかなりません。そこを夫も袈も理解することができ、これからもふたりでセツクスを楽しめるという予感がなければ、稂極的にはなれないのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です